治験コーディネーター(CRC) > 治験コーディネーターの志望動機の書き方

治験コーディネーターの志望動機の書き方

治験コーディネーターを目指す場合、医療関係の経験や認定資格があれば有利なのはわかりますよね。 でも同じ職を目指す方なら知っていて当たり前のことです。あともう少し、採用に有利になるようなコツはあるのでしょうか。

治験コーディネーターの求人倍率は非常に高く、人気の職種です。そのため、一か所の求人に、大多数の応募があるということですね。その中で、書類審査を通らなければ、面接にはなりません。 履歴書屋職務履歴書はどのように書けば、抜きん出たものになるでしょうか。

履歴書に目を通す方々が一番に興味をひかれるのは志望動機ではないでしょうか。職歴は働いた年数などを参考にすれば、経験値を知ることができます。 なぜ治験コーディネーターを目指すのか、この理由に好感を持ってもらい、同時に人柄を表すことができれば良いように思います。

しかし、注意したいのは前職での不満などを理由に書いている場合です。前職が看護師だった場合、その忙しさや、それに見合う給与ではなかったからと本音そのままに書いてしまうことはやめましょう。 採用する側にとって、前職での職場が書かれた通りにひどい状況なのかわかりませんが、むしろこらえ性のない人柄だと見られてしまいます。

当り前ですが、志望動機には治験コーディネーターとしてどうしたいのか、どうなりたいのかという向上心を感じさせられるものを書きましょう。そしてそれが具体的であれば尚良いでしょう。 採用者に対して、明確なイメージを持たせることが重要です。 ただし、ありきたりな志望動機というのは逆に不採用になります。たとえば、スキルアップを望むや、自分の今後のため、というのは誰にでも書けそうな志望動機です。 上辺だけの志望動機は、相手を白けさせるだけです。

さて、履歴書の書き方は昨今では転職サイトのコンサルタントから指導を受けることができます。 また文章と同じように、自分ではなかなか客観性がないものです。 自分で書いた志望動機が完璧と思わず、人に一度見せることをお勧めします。 他人の志望動機などを見て、自分のものと比べるのも良いでしょう。 とにかく独りよがりにならないよう、志望動機の書き方は注意したいものです。