治験コーディネーター(CRC) > 看護師の勤務地〈企業〉

看護師の勤務地〈企業〉

看護師資格保持者の勤め先は何も病院や福祉施設だけではありません。 意外かも知れませんが一般の企業で働くこともできるのです。 もちろんそこは看護師の知識や資格を活かすということが大前提ですが、 一般企業における求人は実に様々で仕事内容や雇用形態も色々とあります。

その中でも最も多いのは一般企業の中の医務室や健康管理室といった職場で 働く形です。要するに社員の健康診断のサポートを行ったり、保健指導を行う などして健康の管理に務めるわけですね。

このような仕事はもちろん看護師の資格だけでも行うことが可能ですが、 保健師の資格があればさらに役立つことでしょう。

その他にも治験コーディネーター(CRC)という、病院において患者に治験の 説明を行って薬物の臨床試験をスムーズにする業務や、モニター(CRA)という、 治験を実際に行って、その症例のモニタリングを行う業務なども一般企業の 医務室や健康管理室勤務に次いで多いと言えるでしょう。

CRCとCRAは良く似た業務ですが、勤務地が異なります。CRCの場合は病院勤務で、 CRAの場合は企業内の臨床試験機関への勤務となります。いずれも製薬会社の 従業者となりますが、非常に高度な仕事ですので看護師としての医療に関する 知識が求められます。

また、製薬会社において営業を行っている人もいます。医師を相手にして新しい 医薬品の説明を行わなくてはなりませんから、看護師の資格を保有していること は強みとなるでしょう。 もちろんメーカーでも研修を行いますが、看護師としての医療知識を持って すれば問題ありません。

さらに医療機器のメーカーで働くという方法もあります。医師の前で機器の デモンストレーションを行ったり、製品を納品した後にサポートを行ったりします。 ほとんどの会社が外資系企業であることが多いので、英語力があり、機械にも 強い方であればコールセンターで働くという方法もあります。

それ以外にも看護学校で働くという手段もあります。看護学校の教員には条件が あり、看護師の資格を持っていることはもちろんのこと、大学を卒業しており( 看護学士)、なおかつ教員養成講座を終えていないといけないのでかなり難しく はなりますが、看護大学に通っている際に教職課程を選んでいればその職に就く 事ができます。

このような仕事は病院に勤務する看護師のように夜勤もありませんし、生活が 不規則になることがない一方で、高い知識が求められます。給料面も安定しており、 激務なのに給料が割に合わないということもほとんどありませんので選択肢の1つ として考慮するのも良いかもしれません。