治験コーディネーター(CRC) > CRCがまず所属するSMOってどんなところ?

CRCがまず所属するSMOってどんなところ?

CRCとはClinical Research Coordinatorの 頭文字をとった略称であり、 治験コーディネーターのことです。 そしてSMOとは、Site Management Organizationの略で 治験施設支援機関のことです。 どういうところなのかというと、治験を行う医療機関と 契約して、治験業務を支援する企業なのです。

治験コーディネーターになるにはまず、 このSMOに所属することから始まります。 他のパターンから治験コーディネーターになることも できますが、まずはSMOに所属することを 視野に入れておくといいと思いますよ。

実は以前、治験は大学病院や大きな病院で 行われることが普通でした。 確かに治験ってそんなイメージありますよね。

しかし、治験の対象となる被験者はどんどん少なくなり、 また、大学病院などで治験をすることで被験者の通院時間が少なくなる、 治療を進めることができなくなるなどのデメリットがありました。

そして一方では年々増えていく生活習慣病や 感染症などの治験をごく一般的な開業医が 行うことが多くなり、治験には様々な手続きが必要なため 治験全般をサポートする専門家が必要になってきたのです。

平成10年4月から治験に関して新たな法律が施行されたため、 治験を行う基準が厳しくなり、更に手続きや 書類の作成や管理などが複雑になってきたのです。

複雑になっていったことで、治験は海外で 行われるようになり治験の空洞化が進んでいきました。 このような事態の進行を食い止めるべく誕生したのがSMOです。 そして平成15年7月にSMOは法令により正式に認められたのです。

このSMOの誕生により、被験者の数が増えていきました。 そしてSMOにより医療機関での書類の管理も楽になり、 治験も短期間化されるというメリットがあると考えられているのです。 SMOは200社ほどあった時期もありますが、 現在は再編などを繰り返し40社ほどに減少しました。

治験が急に中止になることもよくあるため、 このようば場合、中小SMOには資金的にリスクが 大きくなってしまうため再編が加速したと思われます。 CRCになるにはまず、治験のサポートの専門であるSMOに所属し、 病院などへ派遣されるということが一般的なのです。