治験コーディネーター(CRC) > 意外と幅広い助産師の役割

意外と幅広い助産師の役割

助産師というと、お産のときにサポートしてくれる専門家というイメージが一般的でしょう。 助産師の役割は意外と幅広いものなので、具体的にご紹介します。 妊婦さんが母親に成長するために必要な課題克服の援助や、ママだけでなくご家族やパパの支えにもなってくれます。

幼児期に受ける健康診査や、子育ての指導なども助産師の仕事です。 新生児期の管理を行ったり、出産時に妊婦さんが使用する寝床の産褥期(サンジョクキ)の経過をみてくれます。 産褥期は、身体的にもメンタル面においても大変なときなので、助産師のケアは心強いでしょう。

分娩を始めていいかどうかの判断をし、分娩経過を管理しサポートします。 出産は大変な仕事なので、命に関わるリスクをともなうケースもあります。 スクリーニングと呼ばれるリスクの度合いの判断を、助産師が行います。 妊娠が正常に経過しているか診て、適切な保健指導をほどこします。

開業助産師として、医師と連携しながら助産所を開き、分娩や妊娠を正常に行えるよう場所を作ることもできます。 出産後は家庭内でママと子供だけの世界にふさぎ込んでしまうケースもありますが、不安なことやわからないことがあれば対応できるような活動ができます。

ママが外出しなくても話を聞いてあげられるように電話相談を行ったり、必要に応じて家庭訪問をし、直接指導することも可能です。 こうした母子保健活動は、各地域で行います。

助産師が行える保健指導は、女性の全体的なライフサイクルに対しても実施されています。 例えば、思春期相談、性教育、新婚学級、生理に関連する悩み相談、母親学級、家族計画の指導、育児相談、不妊相談、更年期相談などです。

助産師の仕事を見ていると、産婦人科だけが職場ではないことがわかりますね。 病院、母子保健センター、診療所、保健所、これら以外のサービスの場などさまざまです。 雇用されるだけでなく、開業権によって助産院を開くことも、法律で認められています。