治験コーディネーター(CRC) > 治験コーディネーターの転職は年齢の壁があるか

治験コーディネーターの転職は年齢の壁があるか

看護師や薬剤師をある程度経験し、他の医療関係の職場に転職しようとしても、さほど年齢を気にすることはありません。むしろその経験は転職する際強力な武器となります。

昨今、医療現場において看護師も医師も人材不足であえいでいます。人を育てる時間が惜しいほどですから、経験値の高い方は即戦力として厚遇されることでしょう。 医療関係への転職はなによりも経験値が重要視されます。 しかし看護師や薬剤師を経験後に治験コーディネーターになる場合、年齢制限が気になるのはどうしてでしょうか。

大抵の場合、就職先は製薬会社や医療関連企業といった一般企業になるからです。 一般企業では人材育成を目的として年齢制限を設けています。とはいっても、やはり今までの薬剤師や看護師としての経験は重要視されます。

それは業務内容が、被験者だけでなく医師や看護師、製薬会社と人と関わる幅が広く、パイプ役になる治験コーディネーターはそれぞれの専門分野の理解をしておかなければなりません。 なおかつ治験で得たデータをまとめ上げて報告書を作成したりと雑多な業務も多く、ある程度の経験値があり、こなせるほどの要領が必要です。

確かに治験コーディネーターの採用の際、年齢制限を設けているところはありますが、 判断材料のひとつとして設けていることもあります。治験コーディネーターに転職する際には、やはりそれまでの経験と志望動機が物を言うようです。 しかし最初にその年齢制限の壁があると、それを超えて転職を目指そうと思うのはなかなか大変です。 そこで薬剤師専門の転職サイトに登録し、コンサルタントと共に条件の合う職場を探し出してはいかがでしょうか。

自分では探しきれなかった良いところが見つかるかもしれません。 なにより、サイトに掲載されていない求人もあります。専門的な立場からのアドバイスを得られます。 年齢が高めだからとあきらめる前に、少しでも動き出してみましょう。

なによりサイトに掲載するより先にお知らせをしてくれます。 あなたを欲している企業の姿が見えてきます。