治験コーディネーター(CRC) > 治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターとは文字通り治験のコーディネートをします。治験は新薬開発をする際に行うことですが、この治験業務の全般をサポートすることになるのです。全般のサポートですので仕事内容はかなりたくさん有りますよ。
治験コーディネーター(CRC)に強い求人サイトは?

まず、治験が開始される前にすることは、 治験業務がどのように進行されるかのフローを作成します。 また、治験に使用される薬に効果的な病気についての 症例などを管理するのための資料を作成し、 実施計画書を理解しそれに伴い研修も行います。 そして、治験関係者へ連絡し、日程などの調節を行います。

また、被験者への治験内容の説明とケアサポートを行います。 被験者へ治験の内容を説明して、同意を得ることは勿論、 その被験者は治験しても大丈夫なのか適格性を確認したり、 相談窓口や緊急時の対処窓口としても働きます。 また被験者のスケジュール管理もし、 もちろんですが、治験に伴う診察や検査にも立ち会います。

被験者の服薬の状況や併用薬の確認も 治験コーディネーターの仕事です。 そして治験を担当する医師とのお仕事もあります。 被験者への同意説明文書を作成するサポートをし、 またあらゆる必要書類の作成サポートや 安全性に関することも医師と共に確認します。

また、治験に携わる部門や関係者への連絡についてですが、 治験コーディネーターはこれらの 協力者会議や説明会を開催します。 治験を依頼してきたクライアントなどへの対応も 治験コーディネーターの業務の一環であり、 関係者への治験実施状況の連絡や、 メーカー監査なども対応します。

もちろん、モニタリングや監査も対応しますし、 とにかく治験に関する業務のありとあらゆることを サポートしたり開催したりするのが治験コーディネーターです。 そのため自分が担当した治験から新薬は 発売されたとなる時にはとても感動するそうですよ。

仕事量が多く肉体的にも精神的にも 大変な分、とっても魅力的なお仕事なのです。 とてもやりがいもありますし、 医療関係の資格を持っている人や、資格所得を 目指している方は治験コーディネーターも 視野にいれてみてはどうでしょうか?
公益社団法人 鹿児島県薬剤師会